骨粗しょう症が原因の骨折|メタボや体の不調は肥満外来に行き先生に解決策を教えてもらおう

メタボや体の不調は肥満外来に行き先生に解決策を教えてもらおう

骨粗しょう症が原因の骨折

ドクター

起こさないための対策法

外部からの衝撃はもちろんなのですが、カルシウム不足や骨粗しょう症などがきっかけとなり、圧迫骨折を起こしてしまうという人が増えています。圧迫骨折は、激痛が起こり、生活の質を大きく下げてしまうものであるため、圧迫骨折にならないように対策しておく事が大切だと言えます。圧迫骨折が起こりにくい体を作るためには、カルシウムを多く含む乳製品や、大豆製品や、ビタミンDを多く含む食品を摂取し、骨を強化する事が効果的であると言われています。また、骨粗しょう症が原因である事が多いため、骨を強くする事も必要なのですが、女性である場合には、女性ホルモンバランスが影響している事もあるので、ストレスを感じないように工夫をしましょう。

行う治療法や注意

この圧迫骨折は骨粗しょう症が原因となっている事が多く見られているので、高齢者に多いと言われています。高齢者の患者さんが圧迫骨折になった場合、状態によっては、コルセットを巻くという保存療法のみで手術を行わないという事が多いという事が分かっています。保存療法で回復した際には、圧迫骨折を予防するための筋肉トレーニングやストレッチを行なうのが望ましいです。保存療法で改善効果が見られない場合には、手術へと踏み切ります。高齢者にとって手術を行なうことは体力を消耗する原因となりますので、手術を行なうと決まった時には、手術前に体力を消耗しないような生活を過ごすようにしましょう。これらの治療が終わり、圧迫骨折が治った後にも、再発を予防するため、薬物療法を使用するという方法が多くの医療機関で行われている治療法だと言われています。