甲状腺に関わる疾患と治療|メタボや体の不調は肥満外来に行き先生に解決策を教えてもらおう

メタボや体の不調は肥満外来に行き先生に解決策を教えてもらおう

甲状腺に関わる疾患と治療

カウンセリング

風邪などが原因で喉が腫れた状態のときに喉を触ると、喉仏の下あたりにごつごつとした臓器を確認することが出来ます。これは甲状腺と呼ばれる臓器で、人間の体に欠かせないエネルギーを作り出すという重要な働きをしています。甲状腺は、甲状腺ホルモンという特殊なホルモンを分泌させて、体を健康に保っています。しかし、遺伝などが影響してこの甲状腺ホルモンの分泌が正常に行われず、ホルモン量が減ってしまうことがあります。そのような状態の時にかかってしまう甲状腺の病気が、橋本病という病気です。女性がかかりやすく、その症状はむくみや寒気、体重の増加などです。甲状腺の病気は単なる風邪と間違われやすい症状のため自分では気づきにくい場合が多いですが、検査によって発見することが出来ます。

橋本病の治療は、主に薬を使ったものになります。特殊な薬を使用し甲状腺ホルモンの分泌を促すことで、症状緩和させることが出来ます。また、心臓疾患を抱える人や高齢者などは、少ない量から開始し、負担を和らげるという方法をとるので安心です。甲状腺の病気は、橋本病の他に、甲状腺ホルモンの過剰分泌によるバセドウ病と呼ばれるものもあります。橋本病やバセドウ病は、甲状腺の病気の代表的なものです。橋本病は気づきにくい病気ですが、バセドウ病は汗をかきやすく目が飛び出てくる、という大きな特徴があるため、比較的病気に気づきやすいと言えます。どちらの病気においても、日ごろから検査を受けて早目に発見すること、いつもと違う症状が出た場合はすぐに病院へ行くことが重要です。